このページでは
【おうちラーメンを5倍美味しくする、とっておきの秘策7選】の第2弾

旨さの決め手は出汁に有り! 
コレさえ足せば大丈夫♪ 

についてお話していきます。

これから紹介するアイテムさえ手に入れれば
インスタントラーメンでも、
スーパーで買ってきた生ラーメンでも、
たちまち数段グレードアップすることでしょう。

まず最初に大前提として守って頂きたいことは

スープ(タレ)を割るお湯の量はシッカリ測る

「大体、この位かな~」 
っていう感覚でお湯を注いでしまうと、
ほぼ失敗します。

メジャーラップは100均でも売っているので
最低限、メジャーカップで測る作業は
欠かさないでください。

多くの小袋分けされたスープは、
300ccのお湯で割るという記載がされています。

これは(業務用)ラーメンどんぶりは、
300㏄のスープを入れる大きさになっているからです。

けれども、人の味覚は千差万別ですし
まして最近のラーメン店のラーメンは
インパクトを出す為に結構濃い味にしている店が多いです。

そして我々は、その濃度に慣れてしまっているのです。

なので300㏄と書かれていても
そのまま300㏄で割ってしまうと
「薄い・・・」
と感じる人も多く居ると思います。

1度薄めてしまったスープを濃くすることは
基本的に出来ません。

なので、その商品スープにも寄りますが

「230~250㏄程度のお湯で割って、
    濃いと感じたら少し薄める」

っという様にした方が無難です。

しかし中には、
元々あっさり味のスープも存在します。

(価格の関係で)コクが足りなく感じるスープもあるでしょう。

そんな時に大活躍するのが 
『 味覇(ウェイパァー) 』

万能中華スープの素です。

正直、味覇(ウェイパァー)さえ使えば
殆どの中華料理は誰が作っても、
ソコソコ美味しく出来上がります(笑)

街の中華屋さんの炒飯って、
何処も似たような味だと
感じたことはありませんか!?

世界中に派生していった華僑の人達は
味覇や類似品を使って、
同じ味を守り広げていったのです。

ラーメン屋さんの様に、
ジックリ煮込んだスープではなく
お湯でタレ(かえし)を割るだけなので、
そりゃラーメン屋さんと同じ味にはなりません。

でも味覇を使えば、
グッと業務用の味に近付きます。

おうちでラーメンを食べていて、
少しコクや旨味が足りないと感じたときは
是非、味覇を少しだけ足してみてください。

created by Rinker
¥648 (2022/10/01 17:52:21時点 楽天市場調べ-詳細)

ぐる麺亭のご当地ラーメンは味覇要らず!

ぐる麺亭オリジナルの
味噌・塩・しょうゆラーメンは
色々アレンジしたり
トッピングを乗せたりするために
あえて必要以上に濃い癖のある味付け
をしていません。

それに引き換え、ご当地だしラーメンは
結構がっつり、味を整えてあります。

なので、味覇などを使わなくても
充分美味しく召し上がれます♪

(※他にも色々な種類があります)

ぐる麺亭牛骨ラーメン  鯛だし利尻昆布ラーメン  ぐる麺亭あごだしラーメン